健康アップ

青汁の飲みやすさを支えている大麦若葉の働きとは?

イメージが一新されてきている青汁

青汁と聞くと美味しくないや飲みづらいといったイメージが強いかと思います。ですが、最近の商品はゴクゴクと飲めるものや料理に加えても栄養価を損なわないものが多く登場してきているんです。また、薬局で販売されているものも多く登場したので、身近な健康維持食品として利用されています。

青汁と野菜ジュースの違いとは?

健康維持のために青汁ではなく野菜ジュースを飲んでいる人も多くいます。しかし、青汁と野菜ジュースでは含まれている栄養素が違うのです。それは、使われている食材の大きく違うことが挙げられます。

青汁でよく使われてる野菜ランキング!

no.1

青汁の原材料では定番のケール

ケールはキャベツの先祖と言われている野菜です。日本には江戸時代ごとに伝来してきた野菜で、ケールを品種改良してキャベツやブロッコリーなどが作られたと言われています。他の野菜と比べて飛びぬけて栄養価が高いのが特徴です。そのため、昔から青汁の原材料の一つとして利用されています。ですが、かなり癖の強い味わいの野菜で、青汁が飲みづらいと感じる原因でもありました。

no.2

栄養バランスが良いのが特徴の明日葉

明日葉は生命力がとても強いセリ科の野菜です。ケールと同じくらい栄養価が高く、素汁の原材料としてはお馴染みの野菜なんです。ですが、明日葉はケール同様に味の癖が強いのが特徴なんです。そのため、青汁が美味しくないと感じてしまう要因でもある野菜の一つでもありました。

no.3

青汁の飲みやすさを助けてくれる大麦若葉

大麦若葉は、大麦が若葉の状態であることを表します。成熟した大麦はビールの原材料として有名です。
栄養価は上に紹介されている二つほど優秀ではありませんが、それほど癖が強くないのが特徴です。そのため、最近販売されている青汁の多くに使われています。また、大麦若葉は他の野菜に比べても何倍もの鉄分や葉酸を含んでいるため、女性の身体に必要な栄養素を効率よく補える野菜でもあるんです。

青汁は種類によって栄養価や飲みやすさが変わる

男女

栄養が凝縮されている冷凍タイプ

人気の冷凍タイプの青汁は絞りたてのものを急速に凍らせています。そのため、栄養素を損なうことなく凝縮することができるんです。しかし、青汁特有の苦みを強く感じてしまうので飲みにくいと感じる人が多くいます。また、冷凍されているために携帯に向いてないのが難点です。ですが、栄養価に着目すると最も理想的ともいえるタイプの商品なんですよ。

良く見かける粉末タイプ

粉末タイプは、青汁の中では最も種類が豊富にあります。また、ドラックストアでも簡単購入できる青汁のほとんどが粉末タイプのものなんですよ。
こちらは、作った青汁を乾燥させて粉末状にしています。飲みやすいように大麦若葉が使われている商品がいくつもあるのが特徴です。水に溶かせばすぐに飲みことができるので、持ち運ぶのに便利なのも人気の理由の一つになっています。
牛乳など水以外にも溶けるので、子供と一緒に飲んでいる人も多くいるようです。

食事と一緒に取りやすいフリーズドライタイプ

フリーズドライは、インスタントタイプのスープなどのようにお湯や水を使って戻すことで飲む青汁です。青汁を急速凍結させてから真空状態で乾燥させることで作られていて、加熱処理を一切しないのが特徴です。そのため、栄養価を損なわないような加工がされているんですよ。

携帯がしやすいサプリメントタイプ

最近よく見かけるのが、サプリメントタイプの青汁ですね。青汁の成分が錠剤に凝縮されているのが特徴なんです。そのため、昔からあるようなクセや苦みが強い商品でも簡単に飲むことができちゃいます。そのため、栄養価の高いケールや明日葉を多く含んでいる商品を飲みたいと探している人が愛飲しているものが沢山あります。

飲みやすいジュースタイプ

こちらの商品は、野菜ジュースと青汁が混ざっています。そのため、手軽に豊富な栄養を摂取することが可能なんですよ。
青汁に挑戦したけれど飲みにくかったり美味しくなかったりで、飲み続けられなかった人でもゴクゴクと飲めるという声も多く上がっています。